意外な負担、就活中のお金の話。

就職活動が始めると、精神的身体的に大きな負担になりますよね。
まず、エントリーシートを出す段階から自分をどのようにアピールしていくか、 そのことだけでも頭が一杯なのに、
次々に面接や説明会が入り始め、しまいには今どこの会社のエントリーシートを 書いているのか一瞬わからなくなった!!なんてことも。

就活初期の段階ではそんな混乱が、まずやってきます。 でももう一つ、今からしっかり頭に入れて準備しておきたいことが・・・。

それは就活ににかかるお金です。

かかるお金というと皆さん真っ先にスーツやバック、靴、それからヘアカラー代 などは思い浮かびますよね。 でも言ってみればそれは就活にかかる初期費用。
就活が始まると同時に、もっとじわじわ効いてくるボディーブローのような 出費があるんです。 まずは交通費。一社に何度も足を運ぶ必要があり、これは就活が進むにつれて負担になってきます。 一月数万円かかると思っていたほうが無難。

それからどうしてもお昼などは外食が多くなってしまいます。 これも一日では大したことがなくても、一月に計算してみると1万や2万はかかっています。
もちろん、一日で数社ということもありますから、空き時間にのどが渇いて、 コーヒーショップに立ち寄ることも増えます。

こに2つだけでも一月3万円以上は余分にかかるんです。 会社に入るのにこんなにお金がかかるという社会のシステムに問題はあるのでしょうが、
それはさておき、とにかく現状はこんな感じなので、用意しておくしかありません。 特に一人暮らしで就活を控えている方にとっては、本当に大変な時期です。

備えあれば憂いなし。 その資金も視野に入れて、いまからしっかり準備しておきましょう。

フェミニンスタイルが大好きです

私は、女の子らしいフェミニンなスタイルが大好きで、シュープリームララのお洋服がお気に入りでよく購入します。
ララは、お花モチーフがたくさんついたピンクのカーディガンとか、バラが沢山プリントされたシフォンのワンピースなど、女の子が大好きな要素を沢山兼ね備えています。
おリボンがでっかくついたワンピースなどもあります。私はリボンがついているお洋服も好きなので、スイートなアイテムの豊富さにこちらのブランドを利用しています。
ララは、とにかくワンピースがどれも可愛くて、一枚それを着るだけでお呼ばれスタイルにもなりますし、ララのアクセサリーラインも素敵で、ワンピースにぴったり合うものがあります。パールネックレスは持っていたら、ララのお洋服どれにでもマッチします。
その他に、ララのトップスはけっこうぴったり目の物が多いのですが、女性らしい体のラインが出るものが多く、デートスタイルにも重宝します。今年は白が流行しているので、ララのレースの白いトップスがお勧めです。ただの白のTシャツではなくて、レースと花が大人可愛いを演出してくれます。

ブランドイメージと合っているか

アパレル系の求人に応募する際には、いくつか準備することがあります。
まず、そのブランドがどのような雰囲気を求めているのかということをしっかり予習することです。アパレルのブランドに応募する人は少なからず、そのブランドが好きであることが重要になります。面接の時もそのあたりをよく見られるのです。全く知らない、知識のない人ではお客様にそのブランドを紹介することはできません。ですから、事前にそのブランドの今の流行りであったり、コンセプトやターゲットなどを知っておく必要があります。

また見た目にも、そのブランドの商品が似合う、ブランドイメージにあった人がいいのです。格好いい系・かわいらしい系・お姉さん系など、そのブランドが持つイメージとその人のイメージが合っていないとお客様もいいと思わないでしょう。たいてい、ショップ店員は、そのブランドの洋服を身に付け、着こなしなどをお客様に見せます。それを見て、お客様も真似をしたり、欲しいと感じて購入するのです。

そして、接客業ですから、相手を心地よくさせるような話術に長けた人が適しているといえるでしょう。アパレル店員さんは、にこやかに褒めながら、お客様にいろいろな商品を勧めることが出来る人が多いのです。
このようにアパレル系の求人に応募する際の面接では、その人が自社のブランドのイメージに合っているかを判断していきます。おしゃれが大好きであることも大前提になります

アパレル求人にヘッドハンティングはあるのか

販売という仕事に関するヘッドハンティングは存在します。アパレルの求人の数は沢山あります。毎日大勢の人がアパレル求人に応募します。その中でコンスタントに売り上げを残せる人材は限られた人数になります。求人に対して沢山の応募はありますが売れる人材は一握りです。

優秀な人材を企業は喉から手が出るほどほしがっているのは事実です。アパレルの場合、カリスマ的な店員がいる店舗は他の店舗に比べて爆発的に売り上げが伸びます。アパレルで売れる人材は他の分野に移っても好成績をあげます。門戸が広い分様々な人材が集まります。実際にアパレル店員から芸能人にスカウトされた店員もいる位です。

それだけの売り上げを上げるには理由があります。容姿端麗は勿論ですが優秀な人材には人とは違った個性があることです。個性は真似しようとしても本人の個性を超えることは先ず無理です。容姿以外の部分で人を引き付ける部分を持っているため同じものを販売していても売り上げに差が出てくるのです。この素晴らしい個性はアパレル以外でも十分に発揮できます。

車の販売、不動産の営業、保険、証券など可能性は無限大です。企業はキラリと光る人材を欲しがっています。アパレルという門戸の広い求人ですが入ってからの努力、運、個性でヘッドハンティングされ成功することも可能です。もしヘッドハンティングされる人材を目指すなら仕事の努力は当たり前です。プラスアルファーの感性を磨きましょう。

アパレルの転職に職務経歴書はいる?

転職、再就職を目指す人の数は大変多く、その中で他の求職者と差をつける為に出来る事、それは応募書類を充実させることが重要です。
アパレルをはじめ、求人募集している企業は面接の前にまず応募書類の提出を求める事が一般的となりました。
応募書類の内訳として、代表的な物が履歴書です。
そしてこの履歴書と併せて、応募者がその企業の求めるキャリアやスキルを持っているかを知る為に、職務経歴書の提出も求められるケースが多いです。
また、提出書類が履歴書のみの求人でも、当然自己アピールを兼ねて提出することがいいとされています。
アパレルでの経歴書の記入内容ですが取り扱った商材、従業員数、そして品目数を記入しどういった店舗、またどの程度の店舗での経験があるかを記載するとよいです。
業務内容について、具体的な担当部門を載せるのも有効的です。発注管理、在庫管理や、スタッフの教育係等従事したポイントはおさえておくとよいでしょう。
職務経歴書の特徴として、その応募先の企業に合わせた内容で自己ピーアール出来るという点が挙げられます。その為、全てを記載しなければならないというルールはありません。
資格などがなくても、応募職種と関連したアルバイト経験や、得意分野、自分の性格や熱意や意欲をアピールできるので非常に経歴書の提出は意義のある物となります。
アパレル関係の求める人物像を、しっかり想定し、自分の強みや長所、能力を整理し効果的に記入しましょう。